Top >  お役立ち >  引越し前後の食事の仕度は大変

引越し前後の食事の仕度は大変

今まで引越しを何回か経験しました。いつも困ってしまうのは、引越し前後の食事の仕度と、飲料のことです。食材はなるべく引越しまでに使い切ろうと、ある程度計画的に減らせます。また食器も大方は梱包できます。  でも、全部梱包できないので、困ってしまいます。ちょっとした飲料や食材は必要ですよね。外食やテイクアウトという選択肢もありますが、やはり外食が続くのはストレスです。普段食べ慣れていないものを、疲労が溜まりやすい引越し前後に口にするのは嫌ですし、かと言って美味しく食べれる店までわざわざ出掛けるのも大変ですし、着替えも梱包してあるので億劫ですし、それもストレスの種です。  だから、引越し前夜から当日の分はなるべくお弁当を残った食材で作っておき、冷蔵庫に入れておきます。そして、おにぎりに梅干し(腐り辛いように)を入れてたくさん作っておきます。ペットボトル入のお茶やミネラルウォーターを冷蔵庫に入れておいて、引越し当日は、手提げ袋に急いでそれらを入れて引越し先に向かいます。  引越し先に到着し、冷蔵庫を据えたら、すぐに手提げ袋の中身を入れます。取り敢えず当日はこれでしのいで、翌日以降に新しい町を散策がてら買い物に出かけます。結構これはいいですよ。余計な出費も抑えることができるので。

引越し業者への引越し予約や見積もりは1社ずつだと大変なものです。
一括で見積もれる業者は複数ありますが、90社をわずかな入力項目で探せる
「引越し価格ガイド」がオススメです。

「引越し価格ガイド」
http://a-hikkoshi.com/

リサイクルなどの不用品の買取なら
リサイクルショップ一括買取の「RETOWN」がオススメ。

「RETOWN」
http://www.retown.jp/

お役立ち

関連エントリー

ニトリで購入したリビング用のテーブル 荷造りで疲労困憊しました ワンルームから2LDKへ。 希望の住まいを探すために頑張りました プロに任せてしまえば大丈夫!な不用品の処分 大半の作業が荷物の梱包 引越し前後の食事の仕度は大変 福岡から大阪への引っ越しました 荷解きのことを考えた荷造り